お問い合わせ・ご予約
メインメニュー
Main Menu
Home
診療のご案内
特殊外来
検査
予防接種
健康診断
個人情報の取扱について
採用情報
広報
お問い合わせ
Contact
メールでのお問い合わせ
アクセス方法・主な交通機関
関連施設
Related Facility
高岡介護老人保健施設

 ペインクリニック

痛みの外来(ペインクリニック)とは?


“痛み”は、とても不快なものです。頭痛、腰痛、ケガや手術後の痛み。何科にかかって良いのか分らない痛み。 原因は色々ある中で、“痛み”を中心に治療を行う科が、ペインクリニックです。 内服薬や神経ブロック(注射)などを組み合わせて、痛みの治療を行っていきます。 なかなかとれない痛みにお悩みでしたら、ぜひ一度、ペインクリニックを受診してみてください。

○ 頭痛・片頭痛・群発頭痛
頭痛持ちといわれる方の中には、片頭痛の方が少なくありません。頭痛の種類によって、頭痛予防薬、治療薬、注射を組み合わせて治療します。

○ 顔面痛・歯の痛み・歯科治療後の痛み
顔の痛みの原因は、多種多様です。“ビリっ”と電気が走るような痛みや、歯科治療後にも残る痛みは、三叉神経痛の可能性があります。注射や内服薬で治療を行っていきます。

○ 帯状疱疹の痛み
帯状疱疹は、痛みのある湿疹です。時には寝られないほど痛いこともあります。また、皮ふはきれいになってきたのに、ビリビリと痛みが続くこともあります。痛くなってからの期間に関わらず、一度ご相談ください。発症1カ月以内であれば、2〜3回の注射で軽快することもしばしばです。

○ 腰痛・下肢痛
腰が痛い、足が痛い・しびれる。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症による症状も、注射と内服薬の組み合わせで治療を行います。

○ 首や腰の手術後の痛み
頸椎や腰椎の手術後に痛みやしびれが残ることがあります。そのような場合でも、状態に合わせて、治療法を探していきます。 手術内容が分かる資料があれば、御持参下さい。

○ ケガの痛み・手術痕の痛み
ケガや手術の痛みが、半年〜一年以上にわたって続くことがあります。傷と痛みの範囲を確認しながら、治療を行っていきます。 また、当院では傷をきれいに治すために、“湿潤療法”による治療を行っています。目立つ場所のすり傷など、ご相談ください。

下記に挙げるブロック注射は当クリニックで行っているブロック注射の一例です。症状により適応となるブロック注射の種類は変わってきます。 また、使用する薬剤も状況により変わります。
星状神経節ブロック
「星状神経節ブロック療法」は、神経ブロック療法の一種で、ペインクリニックでは、最も多く用いられる治療方法です。
のどにある星状神経節という交感神経の中継所に局所麻酔薬を注入し、交感神経を一時的にブロックしますと、脳の視床下部の機能が改善され、全身の血液循環やホルモンの分泌が正常化します。これによって心身両面が調整され、自然治癒力が高まり病気が改善していきます。

神経根ブロック
透視下で脊髄神経の神経根領域に局所麻酔剤やステロイドを注入し交感神経を遮断します。また、高周波熱凝固装置を使い、高周波電流による熱で神経の中にあるたんぱく質を凝固させ、痛みを遮断する方法や高周波電流を42℃以下で断続的に通電させ、痛みを軽減させる方法もあります。神経根ブロックは、手や足の痛みやしびれに効果的です。帯状疱疹後神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などによる痛み、しびれに適応があります。
腰部硬膜外ブロック
この治療は背骨にある脊髄の外側にある「硬膜外腔」というところに局所麻酔薬を注入する方法です.硬膜外腔に局所麻酔薬を注入すると,下半身の血行がよくなり,腰や足の痛みがやわらいできます。
仙骨硬膜外ブロック
この治療は背骨の終点である“仙骨”という骨のすき間から硬膜外腔(神経の通り道)に局所麻酔薬を注入する方法です.硬膜外腔に局所麻酔薬を注入すると,腰〜下半身の血行がよくなり,腰や足の痛みがやわらいできます.
椎間関節ブロック
背骨は多くの骨の集まりで、上下の骨が連なって出来ています。上下の骨は、前方は椎間板によって、後方は椎間関節によってつながっています。後方の椎間関節は左右一対あり、椎間板と合わせて3カ所で上方からの力を受け止めています。  この椎間関節にレントゲンを見ながら、局所麻酔薬やステロイドを注入します。痛みの原因が椎間関節にある場合は、痛みの軽減がブロック直後より得られます。
三叉神経末梢枝ブロック
この方法は、顔面に痛み・シビレがある場合に適応となる方法です。 骨のすき間から、皮膚表面に神経が出てくる部位で注射を行います。三叉神経第1枝領域の症状に行う「眼窩上神経ブロック」、三叉神経第2枝領域の症状にたいして行う「眼窩下神経ブロック」、三叉神経第3枝領域の症状に対して行う「オトガイ神経ブロック」があります。
トリガーポイント注射
肩や腰などで最も凝りや痛みを感じるポイントに局所麻酔薬などを注入し、痛みを軽減する治療です。
スーパーライザー治療法
スーパーラーザーは温かい赤い光(近赤外線)を患部に照射することにより、血行を良くし、症状を緩和します。また、神経に直接作用して、ストレスなどで緊張している神経を平常な状態に戻すことにより、多くの病気に治療効果を発揮します。星状神経節ブロックの補助的療法として効果的です。照射による皮膚の刺激や痛み、その他の副作用はありません。
アストラゼネカ株式会社の「頭痛オンライン」はこちら
         
        ペインクリニックは予約制になります。
       
 このページのTOPへ
Copyright YAMANOTE PAIN CLINIC All rights reserved.